おすすめ書籍

これだけは読んでおきたいビジネス書

「スター戦略構築法」と呼ばれるこの独自の手法は、「商品」「顧客」「競合」「収益シミュレーション」「タイミング」「メッセージ」の6つの要素からな り、本書ではそれを順番に解説していく。
ポーターの競争戦略論や商品ライフサイクルのS字曲線、MBAで教える顧客ターゲティングなどに触れながら、これ らの理論の問題点、あるいは足りない部分について、具体例を挙げながら検証している点は大変興味深い。

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

この本はダイレクト・レスポンス広告(誤解を恐れずごく簡単に言うと、WEBサイト、新聞や雑誌の広告欄、チラシなどの広告媒体を使って、広告を見たお客さんから注文や無料サンプル申し込みの反応をもらう方法)を学ぶための本です。
ダイレクト・レスポンス広告は、巨額の費用がかかるテレビCMなどを打てなくても、極端な話、パソコンとプリンターさえあればたった一人で始められる低コストな広告方法で、費用対効果に優れているのが利点です。個人事業主や中小企業の大きな武器と言えるでしょう。そんなダイレクト・レスポンス広告の方法を知る本として本書はベスト。

究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

アメリカのダイレクト・マーケティング界のグル、ダン・ケネディ氏の究極の成果ともいうべき著書。
必要な商品を必要な顧客へ、また媒体を問わないセールスレターの書き方が解説されたダイレクト・マーケティングのバイブル。
人間が購買決定する心理の原理原則を学び、危険なほど効果的で驚くほど反応が得られるセールスレターの書き方を学ぶ事が出来る。

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

商品の内容とか醸しだす雰囲気、購買対象、使われるシーンやシチュエーション等によって、使う表現や順序は変化させる必要があるのは言うまでもない事ですが、巷に流布している広告類の
ほとんどが、本書に書かれている型を応用していることが分かります。では、そこまで応用が進んでいる中で、反応が取れる広告と取れない広告、その決定的な違いは何か?
その答えもズバリ載っています。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

マッケッターの神田昌典氏が書いた会員向けノウハウを一般公開した本です。
タイトルにあるように、中心となる話題はコピーライティングのノウハウとセールスの極意です。
思わぬ収穫というか、うれしかったのは、著者や会員が書いたというセールスレター、コピーライティングの具体的事例が多くある点です。さまざまな業種のDMがサンプルで登場し、それだけで本の価格以上の価値はあるのではと思います。

禁断のセールスコピーライティング

インターネットマーケティングでは業界第一人者として著名。「インターネットグル」の異名をとるビジネスプロデュサー、金森重樹氏の著書。
行政書士でなくても、経営者の目線から、「インターネットグル」が行政書士の世界での集客をまとめた営業ノウハウ本であり、常識を覆すパラダイム本。「一番はじめの小さな仕事」の取り方から、開業初月から100万円を稼いだ業務開拓法を学ぶ事が出来る。

超・営業法

成功者が日常的に実践しているであろう秘訣を、体系的に纏め上げた一冊。ベンチャービジネスの成功を志す者として、最近「パーソナル・ブランディングの確立」がいかに重要なものかを目の当たりにしている。なぜ、同じ時間とコストを費やしても
★ 満足な効果が得られずに疲弊してしまう人
★ ビジネスチャンスや顧客を次々と獲得できる人
と、明暗がくっきりと分かれてしまうのか?という疑問に明確な答えを与えてくれる。ブランド確立までのステップが、フェーズ毎に解説されているのもわかり易い。6ヶ月、1年後のパーソナル・ブランドをイメージし、ターゲティング・ポジショニングをどう行っていくか?日常的な活動の指針となる、価値ある一冊であると思う。

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

自分の人生を豊かにする本物の本ですね。
潜在意識・深層意識が大事なポイントとはよく聞くが、どうやれば良いのか?よくわからなかった。
でも そこが大事なポイントとは感じていたので、なんとかしたかった。これはまさに望んでいた内容でした。人生を豊かにしたい方に お勧めします。

人生乗り換えの法則 望み通りの人生を創り上げるTAW理論

「ハイグラウンド・システム」とはどんなものか、この1冊を読めばあらましがわかります。「口コミ」を意図的に生みだす「しくみ」づくりを考えたとき、 「ハイグラウンド・システム」は有効です。もちろん、本書の内容がそのまま私たちの業務に使えるかというと、そうではありません。しかし、本書の「発想」 は、「顧客獲得」にお悩みの方には、良い刺激となるでしょう。あまりに出来過ぎた物語ですが、だからこそ、筆者の伝えたいことがストレートに理解できま す。私も自分の仕事の「しくみ」を根本的に見直したいと思いました。

単なる知り合いが顧客に変わる本

長期的なライフビジョンや、一番大事な価値観(夢)に結びつけた事業計画、ビジネスモデルのゴールと、そこまでの道すじやスケジュール、それにその後の資産管理予定表、ワクワクしながらノートに書くことは毎日たくさんあります。
あと、感謝リスト習慣などは最強最高の成幸法則ですね。
成功のタイムリミット (あなたの人生は、なぜ60日で変わるのか?)

人生を変えたくて仕方のない人におすすめです。
感謝することに毎日が満たされていることに気づき、それが どんどん増えていきます。何で今まで気がつかなかったんだろう、何で今までよいことを引き寄せていなかったんだろうと不思議に思うくらいです。周りにの人も少しずつ変わっていきます。こうなったらいいなと前から考えていたことが実現したり、人間関係がうまくいったり、信じられないことですが、そういった奇跡としか言えないことが起こり、今も続いています。

ザ・マジック

スーパー時間管理術―もう時間がないとは言わせない! (トッパンのビジネス経営書シリーズ)

この本は、より速く前進したいと思っている志の高い人に特にお勧めします。目標を最速で達成するための方法が21ステップに渡り書いてあります。成功の秘訣を簡潔に言うと、「目標を書き出しなさい。それを達成するための計画を立て、毎日それを実行しなさい。」私は会社でストレスが溜まってモチベーションが落ちた時にこの本を読むと元気が湧いてきます。立ち止まっている時間がもったいないと思い、直ちに目標に向かって行動を始めることができます。

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ

スピーチの準備から、本番でのふるまい、スピーチが終わってからと具体的なノウハウがたくさんちりばめられている。
本当の意味でのスピーチの教科書といえる内容である。とくに準備段階の大切さというのが著者のもっとも重要視するところではあるが、その準備の細かさ、心の持ち方はすばらしいものがあると思う。

ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力

成功のために必要なのは、自分の望んでいることをわすれず(忘れない、ということが大切)、そのための努力は日常生活の小さな習慣に落とし込むことだというものです。そのうえで小さな習慣に落とし込むための様々なコツ、考え方を紹介しています。
タイトルの『5分』というのは、ものごとを成功に導くのに、いきなり劇的に生活を変えるから続かない。5分だけやってみるというくらいハードルを下げてつづけよう、という意味の5分です。

5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ)

なぜ、キミは忙しいのか?
毎日を楽しむためには、目標達成までの期限を決めてしまうことだ。期限が決まれば予定が組める。
予定が決まれば今やるべきことが見えてくる。
夢をかなえるまでのプロセスは単純だ。
間に合わないことがあっても、できないことは何もない。“やりたいこと”を最速で実現させる方法「PWA(段取り力)」の考え方を、ポップな写真と図解を使って分かりやすく解説。

人生のプロジェクト (Sanctuary books)

脳にある「参照枠」という部分にイメージがインプットされて、はじめて、人はその新しい知識を活用したり、行動に移せるようになる。
数多くの「結果を出す 人」から取材を重ね、NLP、脳科学、心理学をもとに作られた、“普通の人が年収1億円を稼ぐ”ようになれる「合脳的行動」づくりのメソッドを大公開!

できないことがなくなる技術

本を読むと足場ができる

私はいつも困ったことがあると、本に聞きます。 自分が人生を懸命に生きているといろいろな問題にぶつかり、 その問題を解決しようと必死になった時に良い本に出会います。 本と出会うことは、その著者の経験と出会うこと。 コトバが増えることで感じ方、世界の見え方が変わります。 だから本との出会いを大切にしたいんです。

本を活かすには、“他人事”ではなく“自分の課題”として読むこと

人に勧められた本がピンとこなかったことってありませんか?
それは、タイミングや経験、ステージがそれぞれ違うからです。

万人にとって『優れた本』『イマイチな本』なんてものはなく、
その人にとって、そのタイミングで栄養になる本、
問題解決する本が良い本なのだと思います。

自分にとって今のタイミングであるのなら、
自分の課題として読むことをおススメします。

脳が本気にならないと潜在意識は働かないと言われています。
そして、脳が本気になるには、自分事として考えることです。

読書を最短で成果に変える方法

目に留まり、心を動かすキーワード及び論述を
自分に置き換えた言葉で記録に残す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加