仕事につなげるブログ型ホームページ

売れないホームページ
 
お金をかけ業者に丸投げしたホームページはできません。
 
それは、ちゃんと仕事につながってますか?
 
売れないホームページの特徴はこんな感じです。
① 誰の問題をどのように解決するのかがわからない。
② サービスの価値、またはサービス自体がよくわからない
③ なぜ他でなく、このサービスを選ぶ理由がわからない
 

■仕事につながるブログのつくりかた

仕事につながるブログで1番大切なことは、

サービス契約に至る“気付き”を与えられる内容であることです!

①あなたの理想のお客様を特定し、誰に向けて書くのかを決める

たった一人の理想のお客様を具体的にイメージし、
「この人に喜んでもらいたい!」と決めます。
性別、年齢、居住地域、収入、職業、学歴、 情報がほしいと思うシーンなど、
なるべく具体的にイメージします。

そのたった一人のお客様の
どんな問題を解決するのかを明確にしましょう。

②商品を買うと得られる未来のイメージを明確にする

自分の未来の姿を想像できるリアルイメージが

を伝わった瞬間、人は商品が欲しくなります。

売り手の自分勝手な価値では、ありません。
 
理想のお客様が欲しい価値、欲しい未来は、どんなものですか?
 

③他ではなく、この商品を選ぶ理由を明確にする

 

お客様が必ず通る困りごとをコンテンツにしておく

売上の上がるメディアに必要なこと

1. 「思わず引き込まれる!」ファーストビューとタイトル

ファーストビューで意識すべきポイントは、インパクト

どんなに内容が良くても、ファーストビューが弱いと離脱します。 

タイトルで意識すべきは、ベネフィット

ユーザーが検索しそうなキーワード

2.わかりやすく、シンプルな配置であること

お問い合わせ、メルマガフォーム、セミナー申し込みなどのゴールを設定し、

ゴールまでの動線を貼ること。

3.プロフィール・ビジョン・ミッション

 「あなたから買いたい!」 そう思わせるプロフィールを用意すること

ビジョンやミッション、あなたがこの商品サービスを提供する理由をストーリーで語ること。

4.顧客の喜ぶ情報や記事

 お客様の問題解決のお役に立てる情報や記事を掲載しましょう!

5.顧客と関わった事例 

誰がどうなるの記事 ビフォーアフターをいれること

 お客様が「自分もあなたと付き合うと こうなるのだな。」 とイメージできる事例

6.お客様の声

感想という第3者の声を使って、お客様がどうなるを伝えていおきます。

7.Q&Aで猜疑心を取り除く

お客様が購入までいかないのは「猜疑心」にあります。
疑問があった場合、わざわざ質問すると思いますか?

質問があっても、まず行動しません。 
分からなければ、そのまま離脱するだけです。

お客様が疑問に思う内容をこれでもかと出し切り、 猜疑心を取り除きます。

8.コンテンツ

悩みや問題の解決方法がコンテンツになります。

悩みの数が多ければ多い程、検索に引っかかります。

9.特定商取引法に関する表記・個人情報の取り扱いについて

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加