売れるランディングページの戦略設計

売れるランディングページ

ランディングページを作ったものの、思うように成果が上がらない。

やみくもに作っただけでは成果は望めません。

本当に成果の上がるランディングページにするには、準備と工夫が必要です。

ターゲットを設定する

ターゲットを設定するために、どこから「ランディングページ」に訪れてきたのか「流入元」を具体的に推測します。

ランディングページに訪れた動機と、ランディングページの内容がマッチしていなければ、ユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。

市場ボリュームを把握する

Googleのキーワードプランナーなどを利用して、あなたのサービスに関係するキーワードの月間検索数(市場ボリューム)を調べます。

「市場ボリュームを把握する」ことは、「市場のニーズを知ること」であり、「狙うべきターゲット像を選定するひとつの材料」となります。

どのようなキーワードで検索し、流入しているユーザが多いのかを確認する。

そのキーワードで検索するユーザの『ニーズの核』って何だろう?とよく考えてみてください。

競合調査

競合がメインで訴求していることは何か、どの競合も謳っていることは何かを確認します。

自社の強み・優位性

そして自社についても強みや弱みを深堀りします。

訴求軸を固める

競合との違い、自社の強みなどを考慮した上でターゲットを選定し、売上につながる切り口を見つけます。

 想定されるユーザーニーズ

メイン訴求がド・ストライクで刺さるターゲットとはどんなユーザーか?を膨らませます。

ターゲットを具体的に設定することで、ランディングページの構成を作成する際に訴求すべき軸がぶれずに進めることができます。

構成を作成する段階で、どのような流れで構成を組むか、どう訴求すべきか、迷ったときは、「このターゲットはその構成、その訴求でグッとくるか?」を判断軸にすれば良いのです。

 

  

ターゲットの検討プロセスにおける情報・先入観

ターゲットのことをもっとよく知るためにターゲットの行動を流れで確認します。

 

 

 

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加