もう行動できないとは言わせない!物事を先延ばしにしない方法

行動させる

やらねばならないことに取り組みたいと思っているのに、
先延ばしにしてしまうことはありませんか?

どうでも良いことに時間を使い、 「忙しいからできない」と言い訳してしまう。
やらなければいけない重要なことほど、「今やらなくてもいいか」
と後でやることに決めてしまう。

物事を先延ばしにしてしまう3つの理由

物事を先延ばしにする理由は大体以下の3パターンに直面したくない。

①具体的な動き方、どこから手をつけて良いのか分からない
②作業が面倒で嫌だなと思う心理状態
③失敗することをとにかく恐れる心理状態

行動する前に「面倒臭い、出来ない、やれない」と
ブレーキをかけてしまいます。

物事を先延ばしにしない方法

①「具体的な動き方が分からない」の対処方法

・自分が出来ていないことを認め、出来ている人とのギャップを見つける。

・出来ている人に聞く。

・見本の人を見つけ、モデリングする。

つまづいてしまうポイントを見つけ行動できるレベルになるまで聞き出し、
これならやれるという実感を持つこと。

②「面倒で嫌だな」の対処方法

・面倒だと思う作業を分解し、最初の1歩を小さくする

・時間を区切ってやる

・余計なことを付け足さない

・やり終えるまで他の情報を入れない

「やってみたらできた」をくりかえしているうちに
気が付いたら重要なことが完成していたというのが望ましいです。

③「失敗することをとにかく恐れる心理状態」の対処方法

・先延ばしにすることで起こるひどい未来を生々しくイメージする

 負のイメージをリアルに想像することで、人は不安や恐れを乗り越えようとします。

・行動することで得られる結果、成功の姿を具体的にイメージする

これなら絶対上手くいくというプラスの実感を持つと、
やらなければ損と思い、勝手に行動してしまいます。

それでも失敗が怖くて行動できない

自分は頭が良いと思っている人、プライドが高い人は、行動を起こす前に
「絶対失敗したくない」「上手くやるにはどうしたらいいか」と、
あれこれ考えてしまう傾向があります。

だからなかなか最初の一歩が踏み出せない。
一歩を踏み出したとしても表面を引っ掻いただけで止めてしまう。

共に経験値がゼロのAさんとBさん。
多くの知識を入れること、シミュレーションすることで1年が経過したAさん
さっさと準備し行動し、1年の間に多くの失敗経験を重ねたBさん
2年後に上手くいく可能性が高いのはどちらでしょうか?

もちろんどんなことでも知識や準備、シミュレーションは大切です。
それ以上に、経験値を上げることが最強の武器になります。

失敗することを避けていては、経験値はゼロのままです。

大丈夫。
あなたが失敗して笑う人は、行動できない人です。

行動する人は、あなたが失敗しても、陰で応援してくれます。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加