努力してもどうしても結果が出ないのはなぜか?

上手くいかない原因

勉強会やセミナーに足を運び、本も山ほど読み、いろいろなことを学んでいるのに、
なぜか結果がでない。

もし今、上手くいっていないのなら、
上手くいかない方法、 上手くいかない思考でやっている可能性が高いです!

■学ぶだけで実行しない。

■やることを増やしすぎる

勉強熱心な人、一生懸命な人ほど、アレもコレも情報を集め、
結局、どれも中途半端でやりきれず結果が出ないという状況に陥ってしまいます。

やることが増えるにつれて、

優先順位や自分の方向性が見えなくなってしまうからですね。  

本当にやるべきことはなんなのかをしっかり見極め、
やらなくていいことは捨ててしまう勇気が必要です。

「フォーカスすべきこと」と「やらなくていいこと」

を正しく見極めることです。

やみくもに努力し、目の前の仕事に追われているだけでは、
成功することも今の現状が変わることもありません。

結果を出したいのであれば、上手くいく方法だけを実行すれば良いのです!

■その他大勢に埋もれている

長く同じ業界で仕事をしていると、 知らず知らずのうちに業界の考えに染まり、 業界での価値観に縛られ、 せまい世界の中で認められようと頑張ってしまいがちです。

私もずっとそうしてきました。

誰よりも多くの知識を身につけ、皆と同じことを当たり前にできるように。 業界で認められるためには、誰よりも勉強と経験を重ねるしかない。

実は、このやり方は、その他大勢に埋もれてしまうだけでした。

どこにでもあるビジネスをやったって、誰にも注目してもらえない。

似たり寄ったりのサービスだったら、 当然、業界での長さや実績、知名度が高い方が選ばれます。  

常識的であれば、安心できる。 ところが、それは同時にどんどん選ばれる理由を失っているのです。

■自己流にこだわる人は注意が必要です!

たとえ、今までつぎ込んだ時間、お金、労力が大きかったとしても、
自分のやり方は間違っていないはずだと思っても、

結果が出ていないのであれば、一回リセットしましょう!

なんと、人が下した判断の70%が、結果的に無駄になると言われています!

自分の間違いを素直に認め、上手くやってる人に教えてもらう素直さが必要なのです!

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加